業者に依頼

トイレ

水回り設備は生活にも必須となる設備だけに、その故障やトラブルでは頼れる業者が近隣には必ずあります。それが水道修理業者であり、様々な水回り修理を請け負ってくれます。 一方これと類似競合するものとしては、自分で修理をしてしまう方法があります。水回り修理には様々な種類がありますが、排管詰まりや水漏れ、水栓の破損などは対応次第では自分で直すことも容易なトラブル、故障もあります。 例えば詰まりならばラバーカップやワイヤーブラシを使うことで解消することも可能です。またホームセンターで売っている水栓やそのパーツを購入すれば、水栓交換もできます。 自分で修理することは、場合によっては水道修理業者と類似の結果を得ることもできますが、修理が困難な場合は素直に業者に任せる方が無難です。

住宅に使われている設備の種類、トラブル状況、クライアントの呼んだ業者の基本料金などによって水回り修理の価格は大きく変わってきます。水回り修理では一般的に、多くの業者が基本料金にプラスして作業工賃と部品代を足したものが料金として請求しています。 例えばバスルームのシャワーヘッドの水漏れを直して貰った場合、基本料金が5千円の場合、これに作業工賃として数千円がプラスされて、さらにシャワーヘッドの部品代が加算されるといった具合で、料金が算出されています。 またこれ以外にも、夜や早朝に水回り修理などを依頼すると、時間外割増料金が請求されます。他にも出張料金なども業者によっては必要となるため、電話を水道修理業者に掛ける前に、料金体系について調べておくと後で戸惑わずに済みます。